Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

script*KT*
NewEntry
Comment
Category
Archives
Links
Profile
Mobile
qrcode
Other


ナナちゃんの検査結果
ナナちゃんと病院に行ってきました

みなさんに心配いて頂いていた検査結果ですが
病名はクッシング症候群でした

8割がシニアのわんちゃんというホルモンの病気で
副腎皮質ホルモンの過剰分泌によって引き起こされる症状から

水をたくさん飲む
えさをたくさん食べる
おしっこの量や回数が増える
おなかがふくれる
毛づやが悪くなる
胴体が左右対称に脱毛する
筋肉が委縮する
甲状腺機能低下症の併発
糖尿病の併発

などの症状があらわれるようになるそうです

ナナちゃんは上の4つの症状があり
肝臓や腎臓の数値が高かったのですが
おかげさまで飲み薬が効いて
腎臓の数値は平常値に
肝臓のほうはまだ高いですが
それでも前回に比べれば低く
黄疸の数値も下がっていました

食欲はあるし、普段通りちょこちょこ動いているので
このままお薬を服用しながら様子を見て
定期的に血液検査を受けることになりました

今回、迷わず病院に連れて行って本当に良かった
ひなたももちろんそうですが
シニア犬は特に
入念な観察と早めの対処が大切ですね

ナナちゃん
まだまだ元気で
ももちんの分まで長生きしてもらわなくちゃ。

| 病院 | 00:53 | comments(6) |
ナナちゃん
クッシング症候群だったんですね

病名がわかれば適切な治療ができますから
お薬を飲みながら穏やかに過ごしていきましょうね!

ナナちゃん
まだまだ頑張ろうね!
| シュナママ | 2015/04/06 8:45 AM |
クッシング症候群。。。時々聞きます!
どんな病気なのか詳しくはわかりませんでしたが、ホルモンの病気なのか!

原因がわかればちゃんんと治療ができますね!!

お薬が効いて、症状が落ち着くといいですね!
まだまだ元気でいてもらわないとね!!^^
| ぷうはは | 2015/04/06 10:57 PM |
シュナママさん

ご心配あがとうございます
ナナちゃん、お薬が効いて、数値が下がってきました

治ることはない病気ですが、上手にコントロールして
症状を抑えて今の生活をキープしていきたいと思います
| junko | 2015/04/07 12:21 AM |
ぷうははさん

クッシング症候群はシニアちゃんに多い病気だそうで
副腎ホルモンが過剰に分泌されて、上記のようないろいろな症状を引き起こしてしまうそうです
症状が進むと、ナナちゃんのように肝臓や腎臓の機能が悪くなり、命にかかわることもあります

ナナちゃんは今のところ、お薬に反応して数値が下がってきて
見た目は普段と変わりなく生活出来てるんですよ
このまま、状態をキープして病気と上手に付き合っていけるといいな


| junko | 2015/04/07 12:33 AM |
心配してましたが、ナナちゃん、そうだったのですね。
クッシング、去年ケン太も疑いありって言われて様子見しています。
歳重ねるといろいろと出てきますね〜(>_<)
日々の観察がホントに大切、実感しています。
ナナちゃん、いいお顔してるしまだまだ大丈夫!
頑張ろうね。
| ケン太ママ | 2015/04/07 9:32 AM |
ケン太ママさん

ありがとうございます
ナナちゃん、今のところ食欲も元気もあり今まで通りの生活をしています
ケンちゃんもクッシング疑われたんですね
やっぱり年齢もありますよね
まだまだ元気でいてもらわなくちゃ
一緒に頑張ろうね〜〜〜^^
| junko | 2015/04/10 2:50 PM |